HOME >レーザー脱毛について

レーザー脱毛について

レーザー脱毛の原理

レーザー脱毛の原理レーザー脱毛の原理とは、体毛の色すなわち黒か茶色の色にのみ吸収される特殊なレーザー光を照射することによって肌を透過し、その奥にある毛根と毛母細胞のみに影響を与え、破壊するというものです。
ただし、この方法で破壊できるのは現時点で発毛している毛根と毛母細胞のみであり、休眠状態になっている毛根には影響が及びません。
一度のレーザー照射では、その時点で休眠状態の毛根を残してしまい、その後毛母細胞の活性化によって発毛してしまうことになるのです。
そこで、レーザー脱毛のレーザー照射は、発毛のサイクルに合わせて複数回に分けて定期的に行なうことで完全な永久脱毛効果を実現しています。

レーザー脱毛の費用

レーザー脱毛の費用クリニックとエステのレーザー脱毛の費用の差は、使用しているレーザー照射機器の費用の差でもあります。
クリニックは医療機関であり、使用しているレーザー照射機器も当然本格的な医療用のものを使用しています。
本格的で高価な医療用レーザーを使っているためにクリニックのレーザー脱毛は高額になりがちなのです。
しかし、エステサロンの場合は正式な医療機関ではありませんし、レーザー照射機器もそれほど本格的なものを使用する必要もありません。
たとえレーザー出力の性能が劣っていても、レーザー照射回数を増やすことで永久脱毛効果を発現させ、エステサロンはコース料金を安く抑えています。

レーザー脱毛の肌への影響

レーザー脱毛の肌への影響レーザーと一口に言ってもその種類や特性は様々なものが有り、その中で肌を透過し、全く影響を与えないレーザーも存在し、そのレーザーを使用する限り、肌への悪影響を心配することはほとんどありません。
光を透過、つまりは吸収するかしないかはその色によって大きく変化します。肌の色に吸収されず、体毛の黒か茶色の濃い色に吸収されるレーザーを使用することで肌への影響を最小限に、毛根を破壊する脱毛法を実現したのがレーザー脱毛なのです。
長時間照射することで肌に熱が蓄積され、軽度のやけどになってしまうことは避けがたいのですが、それも本当に軽度で、直ぐにケアをすれば問題の無いレベルです。